禁煙は、辛く苦しいという先入観がおこりやすいです。そこで、こんな風に考えてみてはどうでしょうか。要は、禁煙を習慣化してしまえばよいのです。それによって、喫煙をしない日を延ばし続ける事が可能となります。その方法をみていきましょう。

禁煙を続ける男性のイラスト

禁煙のためにはソフトパックを選んで行動

禁煙を目指すためには、現在あらゆる方法が存在します。
専門家が開いているセミナーに参加するのも良いですし、禁煙外来にお世話になるのも良いでしょう。
ただし、このように現時点では禁煙を目指す上で、自分以外の他者と共に、禁煙を目指していくという方法が一般的になりつつあります。
しかし、煙草をやめたいと考えている方々の中には、誰かに頼ることなく、自分一人で目標達成したいと考えている方も居ます。
ところが、自分一人で煙草をやめるということは、とても難しいものです。
近年、禁煙に関して新しい情報が提言されました。
それは、煙草をやめるということは、意志の強さと全く関係無いということです。
意志が強いと言われる人でも、吸ってしまう時は吸ってしまうのです。
そこで、無意識に吸ってしまうことを避けるために、物理的に煙草を取り出しにくくしたし、所有しにくい方法を取り入れるようにしましょう。
このように、物理的な対策を講じるために有効なのが、ソフトパックの製品を選定することです。
煙草には2種類の包装形態が存在し、柔らかい材質で作成されているのが、ソフトパックです。
ソフトパックは、軽い力でも潰れてしまいやすいので、行動に変化を起こさなければ、すぐに中の煙草が吸えない状態になります。
そのため、禁煙に成功できるような行動パターンになり、タバコと距離を置きやすくなるのです。
また、ハードパックを選んでタバコをやめるという方法もあります。
ハードパックは、ソフトパックとは異なり、形状を変化させることができないので、サイズが小さなズボンではポケットに収まりきらないのです。
つまり、ソフトパックと同様に、禁煙しやすい行動になるという仕組みです。