禁煙は、辛く苦しいという先入観がおこりやすいです。そこで、こんな風に考えてみてはどうでしょうか。要は、禁煙を習慣化してしまえばよいのです。それによって、喫煙をしない日を延ばし続ける事が可能となります。その方法をみていきましょう。

禁煙を続ける男性のイラスト

禁煙によるストレスやうつ病、塗装工事について

塗装工事を行う場合、塗料は揮発性の成分になっている事からも火気厳禁となります。
塗料には色々な種類が在りますが、シンナーなどの溶剤を利用して薄めて利用する塗料も在れば、水を薄めて使う塗料も在ります。

また、薄めずにそのまま塗装を行う事が出来る塗料も在りますが、塗装を手掛ける職人さんは塗料が置いて在る場所での喫煙は引火などの危険が在る事からも禁煙をしているケースが多く在ります。

塗装職人と言うと煙草を吸う人が多いのではないかとイメージする人もいますが、職業柄火気厳禁となる場所での仕事が中心になる事からも、以前は喫煙をしていても禁煙を成功させて、現在は煙草を止めている人も多くいます。

所で禁煙と言うのは難しいと言われているのですが、難しいと言われている理由はニコチン依存と言うものが在るからなのです。
ニコチンは煙草に含まれている有害な物質の一つになりますが、煙草を吸う事で脳内にニコチン受容体と呼ばれる部分で体内に入ったニコチンが結びついて、快感物質のドーパミンを分泌させる作用が在ります。

ドーパミンは煙草を吸う事でのリラックス効果や美味しさなどを感じ出す神経伝達物質の一つでもあり、禁煙をすることでドーパミンが分泌されなくなるため、煙草への欲求が高くなります。

これは禁煙による離脱症状と呼ばれるもので、離脱症状が大きくなることでストレスが加わり、うつ症状を引き起こすケースも在ると言われています。

そのため、禁煙時のストレスをどのようにして解消していくのかを考えることが大切で、禁煙外来などでの禁煙治療では専門医による煙草を止めるためのアドバイスを行うなど、煙草を止めたい人のサポートする治療を行ってくれます。