禁煙は、辛く苦しいという先入観がおこりやすいです。そこで、こんな風に考えてみてはどうでしょうか。要は、禁煙を習慣化してしまえばよいのです。それによって、喫煙をしない日を延ばし続ける事が可能となります。その方法をみていきましょう。

禁煙を続ける男性のイラスト

禁煙と心因性の症状やヒヤリハット

たばこを吸っている人が禁煙をしようと考えてもなかなか自分ではできないことも多いのです。たばこは体に悪いということもわかっており、会社などでも禁煙の方向に進んでいるという状況でもあります。
たばこにはニコチンという成分が含まれていてこれが血管を収縮させる作用があります。たばこを吸うことでニコチンの成分が体内に入ると血管が収縮して血液の流れが悪くなります。
ニコチンが抜けていくことで徐々に血管は元通りになり血液の流れも正常になってきます。しかし心因性の問題があるとニコチンがないといられないような依存状態になってくるのです。
これは心になんらかの問題があって依存状態になっているというケースになっているということです。
最近会社などでも禁煙の方向に進んでいるということと関係していおり、労働災害やヒヤリハットの発生や病気との関係についてはたばこを吸う人のほうがその発生率が高いということがわかっているのです。
会社にはいろいろな職務がありますが、事務所などでは受動喫煙の可能性があることから会社としては安全配慮義務ということから受動喫煙対策を行う必要もあります。
また車を運転している時なども事故などのリスクを少なくするためにも車の中では禁煙ということもあります。
ヒヤリハットの原因になっていることとして集中力がとぎれてしまうということもあります。作業中にタバコが吸いたくなるというのはすでに集中力がとぎれている状態であり、このような時に事故などが発生してしまうことにもなるのです。
禁煙への取り組みはそれぞれ会社によって変わりますが、喫煙をすることで心因性の病気にもつながることヒヤリハットにもつながるため検討する必要はあります。