禁煙は、辛く苦しいという先入観がおこりやすいです。そこで、こんな風に考えてみてはどうでしょうか。要は、禁煙を習慣化してしまえばよいのです。それによって、喫煙をしない日を延ばし続ける事が可能となります。その方法をみていきましょう。

禁煙を続ける男性のイラスト

禁煙で痰が出にくい体質、体内消費を防ぐ身体に

喫煙者の中には、何度も禁煙に挑戦して、今まで挫折した人も少なくないです。タバコをやめるという決意が弱く、周囲の喫煙者につられてしまったり、癖になってしまっている喫煙の習慣をやめきれない人もいます。途中まで順調にやめていても、一本吸っていると、また降り出しに戻ってしまいます。ですが、禁煙したいという意識がある人は、喫煙時に起こる吸っていなかった時と比べると、様々な身体の変化に不満を感じている場合があります。明らかに、吸っていない時より、痰の出る量が気になるという方は多く、痰が絡んで声が出しにくい場合が多々あります。これは禁煙を始めてしばらくも続きますが、完全にタバコをやめてしまうと、気にならなくなります。そして、運動をしている方はわかりやすいですが、喫煙していると体内エネルギー消費が早く、疲れやすい体質になったと感じます。タバコを吸っていなかった時に比べて、運動中の息切れや、すぐにバテてしまうと感じる場面が多くなり、これを原因に禁煙を始める方も多いです。タバコをやめたからといって、一度エネルギーを消費しやすくなった身体がすぐに元に戻るわけではありませんが、喫煙時よりはエネルギー消費を防ぐことが出来ますし、また、運動し続けると、元の体力も戻ってきますので、息切れやなども徐々になくなっていきます。痰や、体力も完全に禁煙することで、きちんと元の状態に戻すことが出来ます。これを常に意識していると、禁煙したいと願う意思を強くすることが出来ます。なのでより、禁煙を実現できる可能性が増えます。タバコを吸うたびに、これらの身体の不満が解決できると考えながらタバコを吸うと、自然にタバコの本数も減っていきます。